高いものをいかに安く感じていただくという方が能力向上に繋がるのでは??

こんばんは。横浜の本牧で活動中のパーソナルトレーナー宮原崇です。

今日もダイエット、筋力強化目的で多くの方にパーソナルトレーニングをご利用いただき、感謝申し上げます。

あの有名な星野リゾートが「喫煙者の採用はしない」と新聞記事に書かれておりました。その理由として「生産性の低下防止」とのことです。トレーナー業界でも「非喫煙者」のみが応募資格ありの会社も当たり前になってきましたが、残念ながらフィットネス業界全体を見渡してみると、健康を売りにしているのに指導者自身が喫煙しているというケースがまだまだ多いのは否めないです。

これもサービスを提供する側の「質」という問題に関わってくることは間違いないのですが、先日「生活クラブ」に始めて買い物に行き、その「質の高さ」に驚きました。

例えば、ミニトマトは普通のスーパーの2倍以上の値段で売られていますが、実際に食してみると、その「質の高さ」に驚かされます。そのクオリティーの高さを経験することで全く高いと思わなくなりました。

日本のマーケティングは「安売り合戦」の集結だとよく言われていますが、時代とは逆行して「本当に素晴らしい価値あるものを作り上げる」ということも必要なのだと感じております。

私自身はどちらというと後者の方に興味がありますので、今後自分自身が提供するサービスがどれくらいの方に価値を感じていただけるかとても楽しみです。

2019.09.06