金曜日

こんばんは。横浜の本牧で活動中のパーソナルトレーナー宮原崇です。

今日はクライアント様が変形性膝関節症の手術を終えられて、久しぶりのセッションとなりました。

いつも思うのですが、手術後に患者さんがどのような生活、運動をしたらよいかという指標は表面上だけで、実際にはあまりカバーされていないという印象がいつもあります。

連携を取れていないこと自体がそもそもの問題ですが、フィットネスクラブには表現わるいですが、「リハビリ難民」的な会員様が多くいらして、「運動が必要なのはわかっているけど、何をしたら良いのかわからない」という状態です。

すごくグローバル的な思考で今後の日本の超高齢社会にを見ていくと、やはり何かしらの変革が必要だと今日も感じましたが、凡人である私ができることとして、明日も信頼してきてくださった方に「運動」という手段で健康を伝えていきたいと思います。

2019.08.23