現状把握が改善への第一歩

こんばんは!横浜本牧パーソナルトレーナー宮原崇です。

 

今日は朝方に雨が降った影響で、少し涼しいかったですが、日中は気温が上がりいつも通りの暑さとなりました。そんな暑さ対策に業務用の扇風機が到着したので、パーソナルトレーニング中は少し快適な空間になったかと思います。

 

様々なお身体の悩みの方が多くいらっしやる中で女性に多く見受けられるのが、関節の動きが過剰に動くことで、腰痛やひざ痛を引き起こしているケースです。

 

実際にフィットネスクラブの現場でも柔らかい=身体に良いというイメージを持たれている方も多いです。

硬すぎるのも問題なのですが、柔らかすぎるの身体の問題を引きやすくしてしまいます。

 

運動中に腰が痛くなる時も両手両脚が動いている時に肝心の体幹も動いてしまい、腰を痛くしてしまうので、対処法としてダンベルなどの重りを持つ前に、きちんとした身体の動かし方を沢山練習します。

そうすると、次第に練習しているご本人も新しい身体の使い方ができるようになり、今までの悪い癖に気がつくようになります。

わるい習慣や自分を健康にしていく第一歩は「気づき」だということをパーソナルトレーニングのコーチング中に改めて気がつき、クライアント様と共に目標達成できたことに喜びを感じることができました。

本日は以上です。

2018.07.12