股割りストレッチでは改善できない

こんばんは!横浜本牧パーソナルトレーナー宮原崇です。

来週14日(土)は本牧原にある吾妻神社で縁日が行われるので、お時間がございましたら是非いらしてください。昨年はかき氷作りのお手伝いをさせていただきましたが、今年は何をお手伝いできるか楽しみです。

 

さて、股関節の周りには幾つも筋肉が付いているのですが、歩いている時や立っている時にお尻周りの筋肉に活躍していただくのが一番理想なのです。骨盤を支えるためにもお尻周りの筋肉である股関節の外転筋群は大事な部分です。

しかし、股関節に問題が生じるとなかなか働かなくなり、股関節の痛みの症状がひどい場合は立っている姿勢が内股傾向になりがちになります。

 

その代りに腿の内側の筋肉である「内転筋群」が過剰に力発揮をして、股関節の動きの制限を生じてしまいます。そこでよく行われる対策として、股割りみたいなストレッチです。実はこれをやってもあまり解決されることはないです。

それよりもなぜ「お尻周りの筋肉が使いずらくなっているのか?」という根本的な評価が必要になります。

フィットネスクラブで自己流トレーニングに限界を感じている方、体験トレーニングお待ちしております。

本日は以上です。

2018.07.05