仕事の本質とは?

こんばんは!横浜本牧パーソナルトレーナー宮原崇です。

今日は休日ということもあり、金沢区にある金沢動物園に行ってきました。

山の上にある動物園と自然公園、図書館があって都会では聞くことのできない鶯の鳴き声が聞けたりと最高の環境でした。

我が子と一緒に自然を探索しながら、相当な距離をあちらこちらと駆けずり回りました。

本牧山頂公園で昨年以来、道中に蛇も現れて大興奮しました。

不思議なことに蛇を見た直後はいつもとても珍しい出来事が起きるのですが、やはり今日も幾つかそのような出来事がありました。「自然の力て本当すごいな〜」ていつも思います。恵まれている証拠なので感謝あるのみです。

昨日は昨日で「母の日」ということで外出中だった母の家の玄関先にイオンで購入したカーネーションを置いておいたのですが、今日になってものすごい怒りの電話がかかってきて「昨年より花が小さい(怒)!!!」とのことでした(笑)。「母らしいな〜」と思いましたが、来年の母の日はとびっきり大きいのを買うために今から500円玉貯金したいと思います。

さて、地元では元町のトンネルの向こう側なんて言われているのが麦田町〜本牧のことですが、麦田こうしゅうどう(漢字忘れました)という書店が大昔からあったのですが、先日シャッターに「閉店しました」という張り紙を見てなんだか寂しい感じが致しました。自宅があった北方町から中華街にある港中学校まで徒歩で友人といつもこの書店の前を通っていたり、この書店の前で隣の中学とケンカ沙汰を起こしたりと色々な思い出がある場所でした。

これも時代の流れだと思うのですが、やはり地元の商店を昔から営んでいる皆さんには頑張ってほしいな〜といつも思うので、なるべく地域で買い物をしたりします。そこで時々残念な気持ちになることもあります。

例えば、伊勢佐木町にある有隣堂書店と本牧イオンにある未来屋書店と比較した場合、店員さんの「言葉遣い」の品質とサービス精神のクオリティーが全く違うのです。時給で比較した場合有隣堂の方が安いのですが、有隣堂の方が明らかに接客の質が上なので、同じ本が売っていたとしても自転車で時間をかけてでも有隣堂で買おうと思ってしまいます。

国内で最も有名な中小企業診断士である佐藤義典氏も「商品ではなくお客さまにはうれしさを売りなさい」とご自身の著書でよく言われています。これが分かっていないサービス業が多いのではないでしょうか。

本日は以上です。

 

2018.05.14