人生観

こんばんは!横浜本牧パーソナルトレーナー宮原崇です。

今日も最高の花見日和で、多くの人を町で見かけました。

本牧通りも桜がよく見えることで知られているので、満開になる来週あたりでは見物人も沢山増えそうです。

さて、家庭を持つと一家の主として、当然責任も出てきます。

人によっては独身から結婚、結婚→第一子の誕生→第二子→第三子の誕生などと、それぞれ人生の節目で人生観も相当変わります。

僕の中で相当変わったのが人生設計というものだと思います。以前は自分の好きなことをやり続けるということが美学だという考え方をしていたのが、子供の教育や老後のことなど将来設計を相当意識するようになってきました。

捉え方によっては「守りに入る」とか「家庭を言い訳にしている」などという見方もできますが、人それぞれだから、色んな考え方があって良いと思いますが、時間やお金がある程度制限されている中での生活もそれはそれで知恵が働き、また一歩前進できるとうな気がしているので、これはこれでとても充実していて楽しいです。

私事で申し訳ないのですが、幼少期に両親が離婚しているということもあり、父親の顔も知らずに人生を歩んできたが上に、それが今では強みに変わっているので、何事も経験してみるもんです。

今晩が最終回だったNHKの「人体」という番組の終盤で、山中伸弥教授とタモリさんが「人に生まれてきているだけでものすごいことなんだ」と仰っていましたが、僕も2度の人体解剖を経験した後は同じよう考えに至ったことがあります。

これを別の言葉に言い換えると「人生において生きている限り失敗はない」ということではないでしょうか。子ども達が成長した時に人生において大切なことを教えていくことができるのが、今から楽しみです。

本日は以上です。

 

 

2018.03.25