トレーナーもパーソナルトレーニングを受けた方が良いのでは?

こんにちは!横浜本牧パーソナルトレーナー宮原崇です。

今日も素晴らしい晴天に恵まれて、長期予報によるとお正月も晴れる日が続くそうです。

さて、昨日は年内最後にベストパフォーマンスラボラトリィ様でパーソナルトレーニングを受講してきました。

毎回新たな気づきを与えて頂けるので、人に身体の状態や動作を確認していただくことは本当に大切なことだと感じました。

トレーニングで自分は出来ているつもりでも、トレーナーに見てもらうと実は違っていたり、想像以上に出来ていないことが良くあります。

いつも行っている種目でどうしても苦手な種目があり、おまけに動作中に違和感や古傷の痛みが出ていたりと、すっきりしない状態が続いていたのですが、相談したところすぐにその原因と解決策を与えてくれました。

僕はこういうことを自分の身体で経験することによって、自分のクライアント様に伝えられるのだと思っています。

もし、僕がパーソナルトレーニングを受講する習慣がなければ、間違っていることを一生正しいと思い続けて、それをクライアント様に伝え続けることになるのだと思います。

そうならないためにも休日を使って電車に乗り東京に出向く、費用対効果は十二分にあります。

トレーナーとして専門性を最高位に高めることの他に、必要な要素は自分が最高のトレーナーを知ることです。

頭でわかっていたとしても、自分が経験していないことはどうしても嘘くさくなり、ちゃんと伝わらないですよね。

自分が料理したことないのに、料理本でつくり方を覚えたとしても、美味い料理はできないのと一緒だと思います。

トレーナーという存在が今後の日本の高齢化社会にとってとても重要な存在であるということをきちんと伝えていくためにも、自らの経験値を上げていきたいと思います。

本日は以上となります。

貴重なお時間を誠にありがとうございました。

kettlebell

2016.12.28