スクワット

こんにちは!横浜本牧パーソナルトレーナー宮原崇です。

早いもので、今日で218日連続でブログを更新しました。

さて、今朝も7時ごろから朝練をしました。

脚の主体にコレクティブ(改善)エクササイズと回復のためのストレッチ合わせて1時間半のトレーニングでした。

1種目はスクワット。

スクワットには自分の中でこだわりが有ります。

それはいかに深くしゃがめるかです。

深くしゃがむためには足首の可動性が必須になり、股関節の屈曲角度も求められます。

更に上半身の使い方によってもパフォーマンスが左右されます。

今日のテーマはバーを担ぐ手幅、つまり肩甲骨が寄っている時と離れている時で身体がどのように感じるのか、半分トレーニング、半分フォームの研究という形で80kg×10回を3セット、60kg×10回を2セット行いました。

他の種目にも言える事ですが、自分に合うフォームを見つけると重量も上がるし、身体の関節に負担がかからなくなります。

最後はこちらをご覧いただいて、モチベーションアップに役立てればと思います。

本日は以上です。

貴重なお時間を誠にありがとうございました。

 

 

2016.11.27