この数字を見てどのくらいの同志が現れるのだろうか

こんにちは!横浜本牧パーソナルトレーナー宮原崇です。

今日から7月ということで朝は家族と一緒に本牧神社で月次祭に参加してきました。

宮司さんのお話で5月19日に奈良東大寺の第222代目館長さんが本牧神社に公式参拝されたお話をお伺いて、本牧という町が誇らしく感じることができました。

さて、昨日の朝刊で2015年国勢調査の抽出速報集計結果で発表された65歳以上の人口が初めて4分の1を越えたという調査結果を多くの方がご覧になられたかと思います。

これは国勢調査が1920年の調査が開始して以来初めてのことだそうです。

総人口が1億2711万人の年齢別内訳は

65歳以上:3342万人
15〜64歳:7592万人
15歳未満:1586万人

これは今後日本が超高齢社会に突入し始めているというでもあり、現在は60歳で定年退職され方も少ないとは思いますが、将来的には働き手がどんどん少なってくることがすでに予想されています。

働き手とは15歳〜64歳のことを指していて、2015年と2014年を比較しても1年で117万人も働き手が減少しています。

また、2027年には7千万人、2051年には5千万人、2060年には4418万人になると国立社会保障・人口問題研究所が発表しております。

更に2060年には1.3人で1人の高齢者を支えるという凄い時代になります。ちなみに私もこの時80歳なので扶養される側になっているのですが、やはり元気で自立した生活を送っていたものです。

今後の高齢社会で必要なことはやはり健康が最大の課題となってくると思います。

微力ではありますが、使命感を持ってトレーナーとして何が出来るか日々考えながら、この最大の課題に取り組んでいきたいと思います。

本日は以上となります。

貴重なお時間を誠にありがとうございます。

パーソナルトレーニングのご予約、お問い合わせ先はmiyahara8145@me.comまでお願いいたします。

 

Unknown

2016.07.01