大内転筋

こんにちは、横浜本牧のパーソナルトレーナー宮原崇です。

解剖学シリーズ⑤は大内転筋です。

この筋肉は筋性部と腱性部に分けられています。

筋性部の起始は恥骨下枝、停止部は大腿骨粗線内側唇です。

腱性部は座骨枝と座骨結節、停止部は内側上顆の内転筋結節です。

筋肉の特徴として、股関節全体を内側に動かす。内転という動作。

大腿骨が固定されている時は骨盤を下の方向に引き、反対側の骨盤を下制させます。

筋性部は股関節を屈曲、腱性部は股関節を伸展させるという機能があります。

大内転筋の筋力発揮は内側広筋の筋力発揮にも影響する為、太ももの全体の太さを付けて筋力萎縮予防の為にもしっかり鍛えておきたい筋肉です。

大内転筋

本日は以上となります。

最後までお読みいただき誠にありがとうございます。

2015.09.24