問題解決を運動で行います

こんばんは。パーソナルトレーナー宮原崇です。

昨日はとあるクライアント様の1時間セッションで、会話のみで終えました。

運動をしないで、セッションを終了したのは私も初めてに近い経験でしたが、実りある時間だったように思えます。会話の内容はもちろんお身体の問題解決に関するものでした。

週一、多くて二回のセッションだけでは身体の使い方や生活習慣などはなかなか改善に至らないのが現実なので、出来るだけその方に必要な情報をメールでお送りしたり、書籍の紹介、資料を作成してお渡しするようにしております。

先日も医師と食事をしながらの会話の中で、「1日に70人患者を診察するとしたら、半分以上の方が運動で改善される症状だけど、じゃあ具体的に何の運動を勧めたら良いかという診察時間もないし、運動の知識も持っていないから、しょうがなく鎮痛剤や湿布薬を処方しているのがとても歯がゆい」と仰っておりました。

運動に対して、敷居が高く感じている方はとても多くいらっしゃるのが現実だと思います。その中で「歩行」というのは誰もが必要な運動手段ではあります。

しかし、やみくもに10,000歩を歩いたとしても関節に負担がかからないわけではないので、ある程度歩き方の理解を深めていく必要があると考えております。その為にもきちんとした情報を伝えていきたいと思います。

トレーニングのお申し込みはこちらからお願い致します。

2019.06.21