おはようございます。パーソナルトレーナー宮原崇です。

「肩の動きがわるくならない為にストレッチを多く行っているが、これで正しいかどうか?」というご質問をいただきました。

肩のストレッチとは学生時代からよくみかけるこのようなストレッチです。

肩の代表的である三角筋という筋肉のストレッチ

なんとなく肩のストレッチというとこれを行うことが多いと思いますが、実は筋肉を単体で柔らかくしても、「肩の動きを良くしていく」ということにはつながりません。

筋肉をストレッチなどで柔らかくしても、歩いたり、走ったり、ゴルフや泳いだりする時に肩の動きを良くしたり、五十肩の予防にはなかなか結びつかないのです。大切なのは関節に着目して、肩の関節が正しく動いているかどうかを見ていくことです。

では、肩の関節が正しく動いているとはどういうことか見ていきましょう。

それは肩の動きの時に必ず腕とセットで動いてくれる「肩甲骨」に注目することに答えがあります。

肩甲骨の何に着目するのかと言いますと、それは周りの筋肉のバランスです。

2019.05.17