準備運動での足首のストレッチを行うことで怪我の予防ができます。

おはようございます。パーソナルトレーナー宮原崇です。

筋トレ前、スタジオプログラムの参加前、プールで泳ぐ前、ゴルフレンジでボールを打つ前に準備運動として、ストレッチを行う方も多いかと思います。

皆さんはどこを重点的に行っていますか?

運動前のストレッチはどんなことを行っていますか?

首、肩、腕、腰、股関節、ひざ周りを行っていても、「足首」を行う方は少ないのではないでしょうか?

実はこの足首の硬さが原因によって、運動中にひざ、股関節、腰、肩への負担がかかることがあります。

アメリカの有名なトレーナーが考案した関節の法則というものがあります

上の写真にある表を活用していただけたらと思うのですが、これはアメリカの著名なトレーナーが考えた関節の理論です。

むずかしいことは置いておいて、今回は足の関節が動きが低下すると、本来のカラダのメカニズムが崩れてしまうということをなんとなくイメージしていただくだけでも良いと思います。

足首のストレッチで最も簡単なのが、壁につま先を立ててそのままカラダを前に移動させるやり方です。

日頃のカラダのケアにお試しください。

壁を利用した足首のストレッチです

パーソナルトレーニングのお申し込みはこちらからお願い致します。

「関節の動きがよくなる」というお声をいただいております!
「自宅にきてくれるから続けられる」というお声をいただきました!
2019.05.10