お尻上げ運動で腰痛くならない対策とは

おはようございます。パーソナルトレーナー宮原崇です。

先日、スタジオプログラムに参加された会員様から「お尻をあげるエクササイズの時にいつも腰が痛くなる」というご相談を受けました。

このエクササイズで腰が痛くなるという方からご相談を受けました

これはこのエクササイズがわるいのはなく、ちょっとしたカラダの使い方のポイントを変えるだけで、腰へ負担がかからないようになります。

答えから先にお伝えしますと、このエクササイズで腰が痛くなってしまうという方は、ずばり動作中の「腰が過剰に反りすぎてしまう」ということです。

お尻をあげる度に腰が過剰に反ってしまう方は要注意

このエクササイズでは股関節の動きを主体としていますので、股関節の動きに伴ってお尻の代表的な筋肉である「大殿筋(だいでんきん)」を働かせる必要があります。

と言っても、最初からなかなか正しく動かしながら意識するのは難しいので、こんなエクササイズから始めると腰に負担をかけずに行うことができます。

片方の膝を抱え込むことで、腰の動きを抑えながら、股関節だけの動きを促せることができます。

ぜひお試しください。

パーソナルトレーニングの体験はこちらからお申し込みください。

2019.05.03