トレーナーは翻訳家

こんばんは!横浜本牧でパーソナルトレーニングを行っている宮原崇です。

パーソナルトレーニングセッションの合間にいつもお世話になっているネクシス本牧のフロント前でチラチ配りをしていて、会員の皆様が気さくにお声がけくださるので、とてもありがたいです。

そういった時の何気ない会話で気がつくのが、意外と関節痛のお悩みが多いということです。

しかし、それに対する策としては漠然と「筋肉をつける」というものです。

「筋肉をつける」というのは絶対値としては相当高いところを占めているのは間違いないのですが、問題はその「筋肉のつけ方」だったり、「筋肉をつけることで身体にとってどのよう効果が得られるのか?」というような情報があまり、広まっていないことだと思います。

運動によって得られる効果というのは相当認知されてきているので、次の段階としては「どうしたらより効果が高い」方法やトレーニング理論がこの世に存在していて、それをどのように使い熟すことができるのか?ということが多くの方に広まることで、より一層健康体になれるのではないか?といつもの職人的な偏った思考に陥ってしまうのであります(笑)。

冗談は抜きとして、トレーナー業界の難しい理論を分かりやすく一般の方に分かりやすくお伝えするのもトレーナーの役割だと私は考えておりますので、これからパソコンとにらめっこしながら資料作りに励みます。

本日は以上です。

2018.08.16