対話による1日

横浜本牧パーソナルトレーナー宮原崇です。

今日は朝から近隣のクライアント様がお身体が不調になられているというお電話をただきましたので、緊急で「運動で改善できるかどうか?」を判断する為に直ぐにご自宅へ駆けつけました。

身体のチェックをしながら、私生活の出来事や習慣などをお聞きしていくうちに問題となっている原因を一緒に見つけていくというのが僕のトレーニングの進め方ですが、ある程度のお付き合いも長い方でしたので、会話の中で原因を見つけることが出来て、解決策も見つかり安心していただくことが出来ました。

気の進まない人とは「対話」を無理してする必要はないと思うのですが、大切な人とは「対話」をすることによって共に学び、共に問題解決の糸口が見つかるので、人間に与えられたとても素晴らしい能力だと思います。

今日は休日だったというもあり、妻と様々な「対話」によってお互いの向いている方向や普段感じていることを確認することが出来ました。特に今は2人とも子育てが最大のテーマとなっていますので、話し合うことによって日常では察知することのできない情報も知ることが出来るので、とても有意義な時間となっていることは間違いないです。

また、家族との合間の時間には初めてお会いする方とミーティングを行ったのですが、これも「対話」によって新しいアイディアが生まれたり、今まで関わってきている人にはない意見を聞けたりして、物事に対する新たな発想の転換になったこともとても良かったです。

レベルの高い「対話」をするためには、常に「情報量」、「情報処理能力」、相手を思いやる「コミュニケーション能力」がとても必要なのだと思います。

本日は以上です。

2018.05.07