人情を大切に

こんばんは!横浜本牧パーソナルトレーナー宮原崇です。

昨日は約半年ぶりに本牧原の祭礼委員会の集まりに遅れはいましたが、参加することができました。

約1時間皆さんと共に貴重なお時間を過ごさせていただいたのですが、昨年のお祭りで経験した懐かしい感覚が蘇りました。こちらでは人と人とのつながりの大切さを教えていただいておりますので、僕の人生においてとても大切な環境だと感じております。

男として、一家の主として仕事で成功することは大切なのですが、「人情」というものが失われたら何の意味もないと日頃から考えていますので、職業や身分が問われない町内の集まりや繋がりはこれからも続けていきたいと思います。

今日は仕事を終えてから、幼少期台湾で過ごしていた時にお世話になった幼稚園の先生からプレゼントしていただいた竹で造られた貯金箱に取り出し穴を作るために、木彫りの先生のご自宅へお伺いさせていただきました。

木彫りをこれから趣味の枠を超えて始めていきたいと思い、この先生にとって特別の存在である先輩が使用していた彫刻刀のセットを僕に譲ってくださると聞いて胸が熱くなる思いになりました。

日々の流れの早さで「本当に大切なこと」を見失わないように一歩一歩進んでいきます。

明日から「宮原通信第3号」ネクシス本牧さまのジムエリアカウセンリングテーブルや更衣室前のテーブルに置かせていただいておりますので、お時間がございましたら是非手に取ってお読みください。今回はここ半年の活動や出来事と現在製作中で公開前のホームページで使用される「宮原崇のプロフィール」を特別にネクシス本牧の会員の皆様に公開させていただきます。

A4サイズが4枚分で作成した渾身のプロフィールも宮原通信第3号と併せてお読みいただけたら嬉しく思います。

本日は以上です。

2018.04.15