アンパンマンミュージアム

こんばんは!横浜本牧パーソナルトレーナー宮原崇です。

今日は恵みの雨ということで朝から大忙しです。明日の予定は今日の忙しさより少し上回りそうな感じですので、コンディションをバッチリ整えていきたいと思います。

さて、2週連続にアンパンミュージアムに行ったわけですが、意外なことに勉強になることが沢山あります。

まず、一番のファンである推定2〜5歳くらいの子どもたちがなぜあれだけアンパンマンミュージアムに行きたくなるのかが不思議でしょうがなかったのですが、それが2週連続で行くことでいくつか発見することが出来ました。

脳の専門家によると幼児に図鑑を見させた後に図鑑に載っていたリアルなものに合わせると、脳内が最高に刺激されて発達を促すのだそうです。

きっと我が子も普段自宅で観ているアンパンマンのDVDや絵本、おもちゃなどでアンパンマンを初めとしたキャラクターの存在を知っているので、アンパンマンミュージアムでショーが始まって実物に会うと、放心状態になっているので、きっと脳の興奮が半端ないのだと思います。

更に、アンパンマンミュージアムは当たり前ですが「アンパンマン」というアニメ一色なので、子供たちにとってはファン熱上昇させるしかけが盛りだくさんなわけです。

最高にワクワクする価値を子どもに提供して、その対価としてお父さんお母さんからお金をいただくというエンドレスがないビジネスなのです。

来年はマリノスが使用していたグラウンドに場所を移して拡大するということもあり、私もアンパンマンミュージアムの研究に精を出して、将来「アンパンマンミュージアムマーケティング」なんてタイトルの本を書いてみるのも老後の備えとして、有りかもしれません(笑)。

本日は以上です。

2018.03.08