東京まで近いが、、、

こんばんわ!横浜本牧パーソナルトレーナー宮原崇です。

昨日、今日は2日連続で横浜は花火大会で盛り上がったようです。

最近驚いたことに本牧のスーパー、スマイルワンさんの雑誌コーナーに「勝者の呼吸法」という本が置かれていたことです。

この本は昨年発売されていて、トレーナー業界で呼吸のスペシャリストとしても活躍されているお二方が書いております。

詳しい内容は本を直接読んでいただくのが一番なので、あえて内容には触れないことにしておきます。

この本を見かけたとき、思わず興奮しながら店長さんにどのような経緯でこの本を入れたのか、聞きに行ってしまいました。

こういう世界標準な運動理論や運動方法が本牧に広まると、この町の健康寿命やスポーツに貢献できると常々思っております。

本牧から自転車で山手駅まで15分、山手駅から東京駅まで京浜東北線で50分ほどで到着できてしまいます。

決して遠くはない距離感ですが、運動理論や方法は一般の方や学生、指導関係者、高齢者への10年くらいの差が開いているように思えます。

例えば、実際のスポーツ競技とトレーニングのつなぎ合せをする種目がメニューになかったり、競技の特性として回旋の動きに対して、ひたすら垂直方向に対して負荷を行っていたりします。

高齢者であれば、転倒予防が目的なのにひたすら単一の動きを行い続けています。

椅子から立ち上がるスクワットは確かに土台作りとして必要な運動ですが、そこで終わってしまったら転倒予防を完璧に防ぐことはできません。

足し算ができたら引き算、割り算、掛け算と進んで行くことによって体の能力も向上していきます。

機会があれば、都内の最先端の施設に本牧の皆さんを連れて行き、世界基準の運動方法を体験できるツアーとか出来たら多くの方に気づきを与えられるかもしれませんので、いつか実現できたら良いなと思います。

本日は以上です。

貴重なお時間を誠にありがとうございました。

 

 

 

2017.07.16