運動で怪我をしないために、、、

こんばんわ!横浜本牧パーソナルトレーナー宮原崇です。

今日もあっという間に夜になってしまいました。

1日24時間を2倍にする方法を誰か編み出してほしいくらい、時間は貴重ですね。

その貴重な時間を使って、このブログをお読みいただき、誠にありがとうございます。

最近の僕の流行りは本牧イオンに入っている未来屋書店に足を運ぶことです。

ここ1ヶ月くらいで週に3〜4日は通っています。

最近ビジネス書コーナーがレイアウトを変えて、品揃いも豊富になったので最高です。

店員さんにも思わず感謝の気持ちを伝えてしまいました。

さて、もうすぐ7月に入り、薄着の季節に運動を始められる方も多いと思います。

運動を始める前に、まず写真①の運動が正しくできるか行ってみてください。

写真①

なぜなら運動を始めたのは良いものの、膝や腰など痛めて、運動を断念されてしまう方がとても多いからです。

それを予防するために、最低限、足首と肩周りが正常な状態かどうか把握しておくと、後々苦労せずに済みます。

これは11年間で1000人以上のトレーニング指導を行って、実証していることなので間違いないです。

写真①で、この動作でどうしてもつま先が外側に向いてしまう、かかとが上がってしまう方は、運動中に膝や股関節、腰、肩への負担がかかる可能性が大なので、気をつけたいところです。

健康状態を簡単に確認できる方法をご紹介させていただきました。

パーソナルトレーニングのお申し込みはこちらまでお願いいたします。

 

2017.06.23