ホルモン食す

こんばんわ!横浜本牧パーソナルトレーナー宮原崇です。

今日は天候が荒れた中、キャンセルも出ずに遠方よりお越しいただいた方もいるので、ありがたい限りです。

10代からの友人がホルモン屋さんを経営されているということで、本牧の友人と一緒に行ってきました。

https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140101/14039593/

食材の質が良好なのと、美味しいのは言うまでもないので、オススメです。

異業種から学ぶことは多かったです。

食材に仕事のやる気度が相当込められていました。

口から入れた数々のホルモンたちは、口腔で咀嚼されて、身体の中で消化されます。

消化されることによって、腸から吸収されていきます。

消化されるためには消化酵素が食べたものを吸収しやすいように、分解をしてくれます。

酵素の働きは口腔と胃、膵臓、空腸でそれぞれお洒落な名前が付いています。

  • 口腔=プチアリン
  • 胃=ペプシン
  • 膵臓=アミロプシン、トリプシン、キモトリプシン、膵リパーゼ、ヌクレアーゼ
  • 空腸=エレプシン、リパーゼ、ヌクレアーゼ

あ〜やはり文章を書くのは朝が適しています。

本日は以上です。

おやすみなさい。

2017.06.21