個別運動

おはようございます!横浜本牧パーソナルトレーナー宮原崇です。

昨夜は本牧三渓園で蛍を楽しんできました。

6月2日まで開催されているようなので、お勧めです。

さて、こうして好きな時に好きな場所に行けるのも健康があるからこそ行けます。

というこうとで、今日は肩の健康についてです。

フィットネスクラブでたまに見かけるのですが、ダンベルを下に持ってぐるぐる回している方がおります。

きっと肩に違和感を感じて、改善エクササイズの一つとして取り入れてらっしゃるのだと思います。

これで改善された場合はこのエクササイズで問題ないです。

もし、医師の診察を受けて胸郭出口症候群と診断された場合は、運動の方法を変える必要があります。

この症状においては男性ではいかり肩、女性ではなで肩という傾向があるので、それぞれ最初に行うべき運動の方法が異なります。

これも身近にいる専門家に身体の評価を行っていただき、何の運動がご自身に必要なのかを把握することが大切です。

医師の診断により、薬が処方されるという流れがあるように、運動指導者の評価により、個人個人で必要な運動を行うのが、真の健康を得られることにつながります。

本日は以上です。

貴重なお時間を誠にありがとうございました。

パーソナルトレーニングに関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

 

2017.05.24