かかとで地面

おはようございます!横浜本牧パーソナルトレーナー宮原崇です。

今日は昨日に比べると少し涼し気なので、過ごしやすそうです。

楽しみにしていた勉強会が今日からスタートするので、朝からワクワクしております。

さて、皆さんへ歩くことに自信を持っていただく為に、とある道具を購入いたしました。

その道具を使って、特に意識をしていただく動作があります。

それは足を一歩踏み出した時にかかとから地面に接地することです。

しかし、多くの人はベタ足で地面に接地しています。

重力をいかに味方にするかはこのかかとから地面に接地することがとても大切です。

身体の中心にあった重心が、ドン〜と一気に地面に落ちてきた時に、かなりの衝撃が全身にかかってきます。

この衝撃を上手く吸収できないと、関節、脳、内臓などに大きなダメージを与えてしまいます。

これを避けるためにもかかとから接地することが健康への第一歩とも言えます。

専門用語ではかかとを地面に接地した瞬間を「ヒールロッカー」と言います。

本牧の皆さんの健康にお役立つ情報となれば、幸いです。

本日は以上です。

貴重なお時間を誠にありがとうございました。

パーソナルトレーニングに関するとお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

 

2017.05.13