経世済民

おはようございます!横浜本牧パーソナルトレーナー宮原崇です。

今朝は4時半に目が覚めました。

脳が興奮して、そのまま起床して昨日参加した勉強会の復習しておりました。

今回のテーマは「Grounding」です。

シンプルにお伝えすると、人間が正しく二足歩行できるために、どのようなことを考えて、トレーナーがどのような視点で、どのようなアプローチ方法で多くの人を健康的にしていくかがテーマです。

初日の昨日は、カカトを着いた瞬間に身体の外の環境と脳を統合させて、いかに無意識下で正しい歩行のメカニズムを作るために、重力、脳、関節、筋、運動力学、生理学、評価方法、改善運動方法などを学びました。

 

GWに全国から運動指導者や医療従事者が集まり、とても活気のある会場となりました。

大型連休の中勉強に時間を費やす人ばかりなので、私自身もとても刺激を受けます。

このような場所に足を運ぶ原動力は何か?と考えてみました。

それは一言でお伝えするなら「この世をいかによくしていくか」ではないでしょうか。

私自身が目指していることとして

  • 高齢化している町の中で健康な人々を作りたい
  • 関節のお悩みに対して、決まった治療方針に対して、運動で改善させたい
  • 健康に対する情報弱者を救いたい
  • 根拠のある運動方法を広めたい

などがあります。

つまり、運動という手法を使って人々を幸せにしていくことが、私にとっての使命感だと感じています。

経済=お金儲けというイメージがお有りの方も多いかもしれませんが、語源を辿ると「経世済民」という言葉が出てきます。

意味は「世をおさめ、民をすくう」です。

今後、日本に限らず世界の向かうべき方向は社会をいかによくして、人々が幸せになる生き方、働き方を選択できるかどうかが重要だと思います。

本日は以上です。

パーソナルトレーニングに関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

 

 

 

2017.05.04