筋トレの魅力①

おはようございます!横浜本牧パーソナルトレーナー宮原崇です。

昨日お客様が「トレーニングのあとは気分がスッキリするんだよな〜」「トレーニングしているしていないで、仕事の結果が違う」という感想をいただいたので、トレーニングが習慣化されると人はどのように変化が起きるのか?について考えていきたいと思います。

トレーニングを始めるきっかけは様々だと思います。

主なキッカケとして

  • 筋肉をつけてモテたい
  • 女性らしい身体を手に入れたい
  • 筋肉をつけてライバルに差をつけたい
  • フラれたあの子を振り向かせたい
  • 結婚式を控えていて、かわいいウェディングドレスを着たい
  • 会社の上司に筋肉をアピールして、黙らせたい
  • 筋肉をつけて同級生からアッと言わせたい
  • 夏の海で目立ちたい
  • 生涯元気でいたい
  • ホームランバッターになりたい
  • 仕事で結果を出したい

などがあると思います。

私自身で言うと、筋トレとの出会いは中学1年生でした。

中学校の運動部にあった、6kgの鉄アレイを自宅に持ち帰り(先生ごめんなさい)。

力こぶを鍛えるアームカールと肩を鍛えるショルダープレスという種目をひたすら行っていました。

というより、それしか種目を知らなかったのだと思います。

その時の目的は取っ組み合いで相手に負けないということなので、なんてビーパップハイスクール的な思考なのでしょうか(笑)。

中学2年の時に本郷町の書店で出会ったのが、「スポーツ筋力トレーニング」猪崎垣博 著 です。

この方の経歴を見ると、コナミスポーツクラブの前身であるマイカルグループのピープル(エグザス)に入社されています。私もこの本を購入した12年後にコナミスポーツクラブで働かせていただくことになるので、運命的な出会いです。

この本には全身のトレーニング方法が載っていて、ありがたかったのですが、大きな問題が一つありました。

野球か野球ゲームか、わるさをしてこなった私は活字が読めなかったのと、活字アレルギーでした。

そのため、写真で学ぶしかなかったのです(笑)。

本日は以上です。

パーソナルトレーニングのご依頼はこちらまでお願いいたします。

貴重なお時間を誠にありがとうございました。

 

2017.04.21