従来+動作に着目

おはようございます!横浜本牧パーソナルトレーナー宮原崇です。

昨日のセッション中、お客様が「私気がついたことがあるのだけど、今まで行ってきた運動て、直線的なものが多いから、ひねったり、横に移動したりするのが苦手なのよね〜」と仰いました。

お客様が自ら、このことに気がつくこと自体がスゴイですが、まさに私がパーソナルトレーニングで皆さまにお伝えしたいことでもあります。

どういうことかと言いますと、従来の筋力トレーニング方法は身体の腕や脚、体幹を押したり、引いたり、伸ばしたり、曲げたりするのがほとんどでした。

マシンもそのように設計されているものが多いと思います。

これはこれで個人的に大好きなトレーニング方法なのですが、目的が「筋肉」にフォーカスしているなら、これだけで十分に効果が期待出来ると思います。

しかし、「動き」の向上を目指される場合は、これだけでは目的を果たせない場合が多いです。

なぜなら、私たちの「動き」は常にたくさんの動きが求められるからです。

例えば、人とすれ違う時に肩がぶつからないように、肩を引いたり、野球で打者が打ったボールを逆手で低い体勢になり、そこからボールを投げたり、後ろから呼ばれて振り返ったり、すべて直線×ねじり×横の動きが入り混じっています。

そのため、「動き」を向上させるためには従来の方法+3次元的なトレーニングを取り入れると、より健康的になると思います。

本日は以上です。

パーソナルトレーニングのご予約、お問い合わせはこちらまでお願い致します。

貴重なお時間を誠にありがとうございました。

2017.04.13