ANTERIOR INTEROR CHAIN

こんにちは!横浜本牧パーソナルトレーナー宮原崇です。

一昨日の近藤拓人さんの勉強会で学んだことについてです。

2015年にPRIではレフト・アンテリア・チェイン・パターン(THE LEFT ANTEROR INTERIOR CHIN PATTERN)(以下L-AIC)が人体の特徴であるということを学びました。

初めて目にする方もいらっしゃると思うので、念のため用語の解説をいたします。

ANTERIOR=身体の前面

INTERIOR=身体の後面

CHAIN=連鎖

つまり、身体の前と後ろを繋いでいる骨、関節、筋肉のことを表しています。

ここまで、大丈夫でしょうか?(笑)

この先については覚える必要はないので、そんなのがあるんだ〜くらいで全然大丈夫です。

身体の前と後ろを繋いでいる筋肉は横隔膜、大腰筋、腸骨筋、大腿筋膜張筋、外側広筋、大腿二頭筋です。

これらの筋肉は肋骨の7〜12番、腰椎、骨盤、大腿骨、膝蓋骨の外側、腓骨頭、脛骨に付着しています。

このアンテリア・インテリア・チェインという筋連鎖は主に腰、骨盤、大腿部のことを指しています。

また、役割としてはお腹周りの動きや体幹の回旋、体幹を曲げる時に活動を支えることです。

こうしてAICについて書くだけでも結構ボリュームありますね!

L−AICについてはまた明日書きます。

本日は以上となります。

貴重なお時間を誠にありがとうございました。

 

2017.03.19