若木竹丸

こんにちは!横浜本牧パーソナルトレーナー宮原崇です。

突然ですが、あなたは若木竹丸(1911〜2000)という日本の筋力トレーニングの創始者をご存知でしょうか?

1938年に「怪力法並に肉体改造体力増強法」というとてもつもないタイトルの著書を初版500冊だけ出版されています。

これの現代版を書いているのが早稲田大学名誉教授の窪田登先生が描かれている「肉体改造並びに体力増強のしかた」です。

https://www.amazon.co.jp/肉体改造並びに体力増強のしかた-窪田-登/dp/4789921204/ref=sr_1_9?ie=UTF8&qid=1489156668&sr=8-9&keywords=肉体改造

筋トレを行うすべての方にお勧めしたい本です。私もひ孫くらいまで残しておきたい1冊です。

若木氏は1日10時間もトレーニングしていたそうです。

床に寝て行うベンチプレスを行う寝差しという方法での当時の世界記録的が165kgに対して若木氏は212kg挙げたそうです。

胸囲が133cm、腕周りは51cmというから写真を見ていただければ怪力度合いが見受けられます。

可動性と筋の発達について勉強しているところなので、若木氏がどのくらいの可動性を持っていたのか気になるところです。

これを目指して明日も頑張ろうというお話でした。

本日は以上です。

貴重なお時間を誠にありがとうございました。

2017.03.10