みみ

こんにちは!横浜本牧パーソナルトレーナー宮原崇です。

今日も人に沢山恵まれた1日でした。

私事で大変恐縮ですが、幼少期から片親で、今思うとそれだけでも恵まれているとは言えない環境でしたが、過去の振り返りを時々するとそれを跳ね返すくらい、人には恵まれてきたように思えます。

プライベートな話はこの辺りにして、今日は耳についてのお話です。

私のクライアント様の最高齢が92歳なのですが、その方がいつも「耳が遠くなった」と仰います。

しかし、実際には全くそんなことを感じさせないくらい健康体です(笑)。

その耳で話し声や音を聞く仕組みは振動にあります。

耳の外側から外耳、中耳、内耳と順番に奥側に向かって行きます。

音を感じるのは一瞬ですが、きちんとしたメカニズムが存在しているから、面白いですよね。

①空気の振動が耳に入り、外耳道を通ります。

②そこから鼓膜がふるえます。

③もとの音も約20倍強まった状態で、中耳で振動が骨に伝わります。

④振動が内耳の中の蝸牛という部分のリンパ液に伝わります。

⑤リンパ液の振動から脳へ伝わって、情報処理を行います。

音楽好きな私は時々、好きなライブを観に行くのですが、音職人のエンジニアさんによっても音の出し方が違うので興味ある分野でもあります。

いずれにしても、良い音や良い言葉を聞いて健康体になりましょう。

本日は以上となります。

貴重なお時間を誠にありがとうございました。

 

 

2017.02.22