胸がドキドキ!

こんにちは!横浜本牧パーソナルトレーナー宮原崇です。

今日の横浜は風が強かったですね!

氷川丸の国旗もご覧の通りでした。

夕方は逆風のなか、トレーニングも兼ねて自転車で全力で10秒漕いで、10秒ゆっくり、これを10セット本牧から山手に向かって脚をパンパンにしながら、心臓がバクバク言っておりました。

さて、普段は心臓が動いていると感じているわけではないのですが、筋トレや有酸素運動などの激しい運動では、胸がドキドキして、存在感を感じると思います。

普段は一定のリズムで動いている心臓ですが、運動や気持ちの表れによってホルモンと自律神経の影響でリズムが速くなります。

このリズムのことを拍動とも言います。

スポーツクラブでもたまに見かけるのですが、ご自身の手首や首を触り脈拍を数えている方がいらっしゃいます。

これは皮膚の下に動脈が通っているので、その上に指を触れることで脈を感じることができます。

通常は1分間、60〜75回となっていますが、子供は大人よりも速いです。

男女比ですと女性の方が速いのも特徴的です。

私が今日行った高強度の有酸素運動は明らかに1分間に200回は超えていたと思います。

クライアント様のご自宅に着いた時、平常値に戻すまで少し時間がかかったので、今度からは時と場所を考えてトレーニングしたいと思います(笑)。

本日は以上となります。

貴重なお時間を誠にありがとうございました。

2017.02.21