スキップできますか?

こんにちは!横浜本牧パーソナルトレーナー宮原崇です。

寒い日が続いていますね。

それでも横浜は過ごしやすいので環境に恵まれていて、ありがたいです。

さて、パーソナルトレーニングの中では人によってスキップをしていただく場面があります。

中にはスキップを何十年ぶりかに行ったなんて人もいます。

上手くできる人とできない人がいて、この差について考えていきたいと思います。

スキップやジャンプ動作を上手く使うためには、伸張反射というメカニズムを上手く使う必要があります。

小さい時によく遊んだバネや、けんけんするおもちゃです(名前が出てこない)。

つまり、バネを指で縮ませて、話すとバネがビヨーンと伸びるのと一緒です。

スキップを行うときはこのメカニズムを瞬時に利用します。

今度は身体の組織で必要な要素は筋膜の弾性が求められます。

筋膜は自由自在に性質を変えるという特徴があります。

例えば、野球のボールをキャッチするまでの手の平の筋膜は柔らかかったのに、キャッチした瞬間に一瞬で剛性に変わります。

身体は使えばその環境に適応して、何もしなければ何もしなくても良い身体になります。

そういった意味でも運動の必要性があるのだと思います。

ぜひスキップが上手にできるためにも筋膜の弾性を手に入れて若々しい身体作りを目指していきましょう。

ということで、僕はこれから人体の理解をより深めるためにこれから太平洋を渡りアメリカへ向かいます。

本日は以上です。

貴重なお時間を誠にありがとうございました。

 

 

2017.01.15