セミナーの申し込みも気合いが必要です

こんにちは!横浜本牧パーソナルトレーナー宮原崇です。

今日も晴天で最高に気持ち良かったですね!

個人的な事ですが、2017年年明け早々にFMS(functional movement screen)の再受講募集が今日の夕方6時から募集のフォーマットがSNSで発表されるという事で、15分前から待ち構えてなんとか申し込みできたので、一安心。

ありがたい事に再受講の場合、受講料が約13万円が無料で受けられちゃうわけですから、超お得ですし、しかも限定5名ときたから、これは気合いれて絶対に枠に入る!と一昨日から意気込んでおりました。

259a_what-is-fms-flyer

FMSは問題解決型のパーソナルトレーニングを提供しているトレーナーにとっては今や常識すぎるくらい浸透していて、私自身も2015年に資格を取得して、今年2016年にはアメリカに渡り、開発者のグレイ・クックとリーバトンのセミナーを受講して、その必要性と素晴らしさを肌で感じてきました。

img_9032 img_9037 img_9071 img_9113

帰国後はもう一度日本でFMSを学び直したいという想いがあったので、ちょうど良いタイミングでした。

FMSは早ければ10分くらいで7つの動作を評価し終えてしまうのですが、めちゃくちゃ奥が深いところに魅力を感じています。

早い話、筋トレをしても良い身体なのかどうかをチェックする方法です。

具体的には可動性、身体の使い方(動的、静的)、機能的動作の3つの要素が平均的な点数であるかどうかを見ていきます。これにより怪我の予防、パフォーマンスの向上性の再現性を実現することができます。プロとしてなんとなくではなく、科学的根拠を基に運動を伝えていくためにも欠かすことの出来ないのがFMSです。

2017年はFMSの魅力をより分かりやすく皆さまに何らかしらの形で伝えていくことを計画中ですので、お楽しみに!!

本日は以上となります。

貴重なお時間を誠にありがとうございました。

2016.12.05