思考力+運動

こんにちは!横浜本牧パーソナルトレーナー宮原崇です。

今朝も清々しく素晴らしい1日になるそうですね。

さて、パーソナルトレーナーの地位を確立するために日々活動しているわけですが、たまにマッサージ屋さんと間違われることがあります。

回復や準備運動の段階で筋膜リリース(今月講習会があるので、新しい手技お楽しみに!)やストレッチなどの手法で運動が行いやすい条件作りを行います。

身体の適切な可動域を獲得したら、運動を行うことによって良いコンディションにつながります。

しかし、運動が良いからといって何でもかんでも取り入れるのも考えものです。

先ず、自分の身体がその運動を行うための状態にあるのかどうかを現状把握をしなくてはいけません。

例えば、ジャンプ動作で着地時に膝が内側に入った状態を繰り返していれば、いずれかはひざ痛になるでしょう。

また、横移動や回旋する能力に対して、股関節、骨盤、腰椎の可動性、安定性が適切でなければ腰痛のリスクも高まります。

車が赤いランプを発して、走行中に異常を感じて走り続ける人はいないと思います。まずは点検をして、車が安全な状態で走行できるように対処すると思います。

一方で人々は痛みというサイン、違和感を感じても運動を行い続けます。

これは果たして真の健康作りと言えるのでしょうか?

今後、日本は確実に高齢化社会になります。

皆が自立して生活ができるためにも、思考力を伴った運動方法の普及が必要なのではないでしょうか。

思考力を伴った運動方法を本牧に広めるのが私の役目だと勝手ながら感じております。

今月はトレーナー人生を左右するであろうイベントが沢山予定されております。

一歩一歩目標に近づけられるように今日も精進して参りたいと思います。

本日は以上です。

貴重なお時間を誠にありがとうございました。

img_9789

 

2016.10.04