FMS②ショルダーモビリティ

こんにちは!横浜本牧パーソナルトレーナー宮原崇です。

明日から10月ということで、色んなことが予定されているので、今からワクワクしております。

さて、あなたは肩の動きの硬さについて気になったことはございませんか?

よく肩の硬さが気になるということで写真のようなストレッチを行い、肩の付け根を柔らかくして改善しようとする人を見かけます。

img_0943

残念なことにこの方法では改善されません。

理由は肩という関節は腕以外の背骨、肩甲骨、首なども関わりがあり、それらにも注目をしなくてはいけないからです。

特に胸椎を伸ばすこと、肩甲骨の安定性がとても大切になってきます。

では、実際に肩のお悩みがある場合、まず写真②のテストをします。

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%892

このテストで左右差、極端に腕と腕が離れている場合はこれが改善できるようにエクササイズのプログラムを組み立てます。

一例として、写真③のようなエクササイズを行います。※特に肩の動きに問題がある場合は4〜8種目でメニューを組み立てます。

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8905

肩の動きを改善するために必要な要素は胸椎の伸展、胸椎の回旋、肩甲骨の安定性の3本柱が必要です。

日常生活の質やスポーツ競技向上のための運動はお任せください。

本日は以上となります。

貴重なお時間を誠にありがとうございました。

 

 

2016.09.30