ランゲルハンス島

こんにちは!横浜本牧パーソナルトレーナー宮原崇です。

今朝は涼しくて気持ちが良いですね。

昨日は家内の誕生日ということで、ご馳走を沢山頂きました。

家内に食べたいものを聞くと横浜赤レンガ倉庫にあるイカセンターのイカリングが食べたいとのことで、元町から歩いて向かいました。イタリアンよりもイカを選択した家内はいつも自然体でサポートしてくれているので助かります。

よく食べて、よく歩いてと体を沢山働かせたわけですが、体内の血糖値に注目をしていきたいと思います。

僕はイカセンターで中落ち丼とイカリングを食べて栄養とパワーが補給しました。

そうすると体内で摂取した食事が消化と分解をしてブドウ糖になり、血液に吸収されていきます。

その結果、血糖値が上昇して、β細胞からインスリンが放出されます。

インスリンが放出されることにより、食事で上昇した血糖値を下げてくれるのです。

このインスリンの分泌の異常が起きて、血糖値をコントロールできなくなるのが糖尿病というわけです。

インスリンと共に血糖値をコントロールしているのがグルカゴンです。

なんだか宇宙戦隊のヒーロー物に出てきそうな名前です。

このグルカゴンは運動をして、体内のエネルギーを消費しすぎることで、α細胞から分泌されるホルモンです。

具体的には脂肪を動員してエネルギー源にしたり、肝臓にたくわえられたグリコーゲンをブドウ糖に戻して、エネルギーに変えます。

以下にまとめますと、、、

  • 長時間運動⇨血糖値ダウン⇨α細胞からグルカゴン放出!
  • 食事⇨血糖値上昇⇨β細胞からインスリン放出!
  • ランゲルハンス島とは膵臓の一部で、膵臓にはこのランゲルハンス島が100万個以上ある!
  • ランゲルハンス島で作られているのがグルカゴンとインスリン!

運動前と運動中の栄養補給のタイミングと内容についてお役に立つ事が出来たら幸いです。

本日は以上です。

貴重なお時間を誠にありがとうございました。

パーソナルトレーニングに関するお問い合わせはmiyahara8145@me.comまでお願いいたします。

image014

2016.07.13