コレクティブ(改善)エクササイズ

こんにちは!横浜本牧パーソナルトレーナー宮原崇です。

今日も沢山の方とセッションしていてコレクティブ(改善)エクササイズの必要性を感じました。

簡単な話、コレクティブエクササイズとはアセスメント(評価)をさせていただいて、明らかに改善が必要な動作をパターンを正しく動作出来るようにするのが目的です。

このコレクティブエクササイズは通常のカロリーを消費するエクササイズとは違い、動作を改善する為には知覚を変化させることが必要です。

例えば体幹を安定させて脚を動かす為に、トレーナーがクライアントさんに対して「お腹に力を入れてください」とトレーナーが言ったとします。

この言葉を耳でキャッチしたクライアントさんは頭の中で「そうか!お腹に力を入れたら良いのか!」と分かり、ご本人の感覚で体幹を安定させて脚を動かします。

しかし、人によっては「お腹に力を入れる」という情報を脳に伝えてそれを身体での表現の仕方は様々なのです。

それはその人の経験、スポーツ歴、既往歴、生活習慣などにより全く違う捉え方をするからです。

これが「感覚」です。

冒頭でもお伝えしたようにコレクティブエクササイズは感覚ではなく「知覚」が「行動」を変えることが出来ると考えるので、この部分をとても大切にしています。

その為、あまり余計な情報は与えず、見本を見せて、真似していただき、出来なければまた見本を見せて、真似していただくの繰り返しをします。

そうすると最初は出来なかったのが段々と出来るようになって来ます。もちろん、その日に出来る人もいれば、練習を重ねて、数日後に出来る人もいます。

コレクティブエクササイズで大切なことは考えるよりも繰り返し練習して、少しずつ軌道修正をして自分の動作パターンを変えられることなのです。

本日は以上となります。

最後までお読みいただき、貴重なお時間誠にありがとうございました。

2016.05.14