解剖学は面白いですよ‼︎

image

 

こんにちは!横浜本牧のパーソナルトレーナー宮原崇です。

最近は本当に便利な時代になり、自宅にいても学ぶことが出来るようになり有り難いです。

そんななか、昨日は仕事前に解剖学の勉強を神戸で音楽専門のラボを運営されている山本先生にお願い致しました。

一般的な教科書を使用しての〜筋はどこからどこまでに付いているというような内容ではなく、実際に解剖をした内容を確認しています。

今年の1月にアメリカへ渡り、世界的に見ても珍しい冷凍保存のご献体で解剖実習に参加しました。

また機会が有れば、この時のことも振り返りたいと思います。

この時、同じ時間を過ごしたのが山本先生でした。

さて、今日の内容は皮膚についての確認を致しました。

実際に解剖実習の初日は解凍された状態から、皮膚の切開から始まります。

最初の観察で皮膚の張り感、手術痕はないか、切り傷や、皺などを確認します。

この皮膚の構造は表皮と真皮、皮下組織の3層となっています。

個人的に皮膚が面白いと感じるのは、皮膚の一番表面にある表皮は5層構造で有り、常に新しく生まれ変わるところです。

ではどのくらいで生まれ変わるのでしょうか?

それは一番下の層が細胞分裂を起こして、徐々に一番上の層まで上がってくるのに1ヶ月かかります。

そして最後は垢となり、はがれおちていきます。

我々人体は生きながら常に新しく進化して、前向きな性質を生まれながら持っています。

だから、どんな困難にも打ち勝つ力があるのです。

今日も良い1日で有りますように!

日々是好日です!

 

 

 

 

 


 

2016.03.28