解剖学を熟知したパーソナルトレーナーになる為に

こんにちは。横浜本牧・中華街で活動しておりますパーソナルトレーナーの宮原崇です。

2016年はアメリカへ人体の解剖実習に行くことが決まっております。

パーソナルトレーナーという立場で解剖実習は出来ないと思っていたのですが、人生何時どんなチャンスがどのような形でやってくるか分からないもので、来年参加出来ることになりました。

それに先駆け9月からは解剖学を徹底的に強化しようと自分のなかで決めています。

ご存知の方も多いと思いますが『1万時間の法則』というのがあります。

これは1万時間勉強(練習)することによりだれでもその道のプロになれるということです。

1日24時間×417日=10008時間

1日24時間勉強すれば、417日で解剖学におけるプロフェッショナルになれますが、それはどう考えても無理です。

現実的に1日2時間勉強したとして、年間365日×2時間=730時間になります。

これでも10000時間まで9270時間は必要です。

ということは1日2時間勉強して10000時間まで到達するのに13年と7ヶ月必要です。

現在36歳ですので13年後の西暦2028年の49歳時に解剖学におけるプロフェッショナルになっているということです。

寝る前にこんな計算をしていたら未来は明るいなとワクワクして来ました。

本日も貴重なお時間を使いこのブログをお読みいただきまして、誠にありがとうございます。

 

 

2015.09.14