コトラーのマーケティング3.0

こんにちは、横浜本牧・中華街を中心にパーソナルトレーナーとして活動しております宮原崇です。

昨日は数年ぶりに友人から電話が有り驚いたのと同時に、損得無しでいられ関係は素晴らしいと感じました。友人にとって何気ない行動かも知れませんが、私にとっては大きな感動と希望を与えてくれました。正に本日のテーマの『マーケティング3.0』です。

2015-09-06 07.40.08

本題に入ります、今朝は届いたばかりの『コトラーのマーケティング3.0』を読み始めました。

マーケティングの勉強は以前から興味が有り、今年の4月からはFBL大学(フィットネスビジネスリーダー)http://www.fbldaigaku.netというところでフィットネス業界のリーダーになる為に毎週学ばせていただいております。

この本も一昨日の授業で学長の遠藤さんが紹介されていて、この本を勧めていたので早速購入した次第です。

さて、本の内容ですが、なぜマーケティング3.0に向かう必要があるのでしょうか?そしてマーケティング3.0とはどういうことなのかを簡単ではありますが、本の内容と私の考えを以下にまとめてみました。

1950年代から2000年代まで60年以上のマーケティング・コンセプトも進化しており、製品開発、製品の説明をして機能的価値を認めてもらい消費者に購入してもらう製品中心のマーケティング1.0から情報、暮らしも豊かになっていて、選択幅も広がり類似商品を簡単に比較することが出来るようになった消費者に対してマーケターはマインドとハートをつかみ、他社より優れた製品を開発する消費者志向のマーケティング2.0。そして、現代社会においては社会、経済、環境問題は世界的にみても急激な変化や混乱が起きています。そのような問題に直面している人々に問題解決や希望が与えられて、より高い次元で消費者に感動を与える価値主導のマーケティング3.0が必要であります。

現在私はパーソナルトレーナーとして人々の健康に関わる仕事をしているわけですが、そのなかでも特に膝痛、腰痛、寝たきりの高齢者の問題解決に取り組みを行っております。その理由として活動している地域が高齢化しているのと、10年後には人口の約30%の3500万人が高齢者になる2025年問題に対して元気で健康な高齢者を一人でも多く増やしたいからです。今後は同志を見つけてこの取り組みを続けていきたいと思います。

最後までお読みいただき誠にありがとうございます。

 

2015.09.06